04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

私の私生活がRSに染まってる訳がない…こともない。 






こないだの女子会のときの話。


呑む気満々でバスに乗って、駅前についた私は待ち合わせ場所のデパ前ベンチについた。


リア友2人がそこにいたのに気付いて私は手をフリフリ近づく。




私 「ゆっこ、ともかーっ!おまたせーっ!」


ゆっこ「おーっっ!まなみ、あんたそんなフリフリ着ちょったら…」


私 「ん、あふれんばかりの色気が出ちょんやろー?」


ともか「色気はおかんのおなかに忘れてきちょんやわ」




などとひどい会話を繰り広げつつ、予約のダイニングバーに入って席につく。


薄暗い店内、サイドに配置された間接照明の柔らかい光に照らされて煌めいたともかのピアス。


ジルコニアを埋め込んだ十字架が、耳たぶにぶら下がっていた。











































私 「 ぉ、アンクイヤリング!! 」



ゆっこ&ともか 「 え?? 」



























あの輝き…





























































絶対フルダメアンクだわ…

















スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。